【社労士が教える労災認定の境界線】第242回 検査の介添え中に看護師が貧血で倒れる

2017.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 T病院の看護師Hは、皮膚泌尿器科の外来診察室にて、患者の膀胱鏡検査の介添中、突然脳貧血様症状を起こして後方に転倒し、鉄製の上肢手術台で後頭部を打ち負傷してしまった。

 看護師Hは、6年5カ月の経験を有しており、「患者が悪臭を放ったために貧血を起こしてしまった」と言っているが、医師や同僚の看護師などはその程度の臭いでは普通の場合倒れることはなく、また他に患者の異状な出血などのショックを受ける原因となるようなものもなかったという。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 福岡会 内野労務管理事務所 所長 内野 俊洋

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月1日第2281号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ