【建設業の労働災害事例】第242回 過負荷で移動式クレーンが転倒し、ブームに当たる

2017.06.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.農業用温室新築工事で、基礎工事は既に終了し、被災時はトレーラーで搬入されてきた角パイプや鉄骨の荷降ろし作業が行われていた。

2.荷降ろし作業は、3次の現場責任者(事業者)外被災者を含む6名と4次のクレーンオペレーター(10tラフター)で行うこととなり、はじめに現場責任者とオペレーターがクレーンの設置場所、荷降ろし位置の確認を行った。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年7月1日第2285号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ