【想いはせれば】第26回 微傷災害が隠れていないか

2016.01.15 【安全スタッフ】

 大手機械メーカーの労働組合の安全衛生担当役員のAさんと話す機会がありました。30歳代後半の彼は大学卒業後、工場の技術部門で研究・開発の仕事に就いていましたが、熱心に職場の組合活動をやっていたため、数年前に組合員約2000人の労働組合の執行委員に選ばれ、工場の安全衛生委員会の労働者側委員を務めていました。

 私が、工場の労働災害状況を聞くと、彼は「製鉄部品のハツリ作業で眼に鉄片が刺さって12級の視力障害になった重傷災害が1件、休業1日以上の災害は7件、うち4日以上は5件、不休災害は12件で、全体として昨年より約15%減少しましたが、残念ながら…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年1月15日第2250号

あわせて読みたい

ページトップ