【想いはせれば】第14回 「熱中症」を知る

2015.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 冒頭から私事で恐縮ですが、私の父は今から30年前、80歳の夏、「熱中症」で死亡しました。当日父たち村の老人会の有志数人は、ボランティアで鎮守社境内の草とりなどの清掃をやっていました。昭和61年(1986年)7月31日は九州・福岡県地方は例年にない猛暑に見舞われ、境内でも35℃を超えていたもの思われます。職業軍人で軍艦乗りだった父は、高温・高熱の環境下では「水を飲んだら汗が出て、かえって体に悪い」と水を飲まず…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年7月15日第2238号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ