【事故防止 人の問題を考える】第99回 現場の安全作業の基本 その6:腰痛、転倒、熱中症

2021.01.05 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

令和3年を迎え、新たな気持ちで

 あけましておめでとうございます。今年もコロナ禍の状況が続き、職場の安全確保はご苦労されることが多いかと存じますが、労働災害の撲滅を祈念します。

 労働災害のない職場をいかにつくり上げるか。その答えは、必ず安全な職場をつくるという信念を持ち、科学的なアプローチのもと、現場の声を丹念に集め、地道な安全活動を積み重ねる。このことに尽きると思います。

重量物の持ち上げで腰痛を発症

 現場の安全作業の基本、今回は腰痛、転倒、熱中症防止の基本を説明します。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年1月1日第2369号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ