【事故防止 人の問題を考える】第96回 現場の安全作業の基本 その3:トラック荷役・移動式クレーン・玉掛け

2020.11.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

トラック荷台からの墜落が多発

 今回は、現場の安全作業の基本として、トラック荷役作業、移動式クレーン、玉掛けを取り上げます。

 トラック荷台からの死亡災害は数多く発生しています。不安定な荷台上から墜落しており、安全な作業床を設置することや墜落防止設備、安全な昇降設備の設置などが安全作業の基本となります。

【トラック荷台からの墜落死亡災害事例(H26~H29)】

あおり上で足を滑らせ墜落

 ・作業員5人で机や機材等を4tトラックに積み込む作業中、トラック後方に仰向けに倒れている被災者が発見された。

 ・4tトラックに積んだ荷物の荷締めの緩みを取るためにトラック荷台に上がろう として、あおり(幅4cm)に昇ったところ、足を滑らせ、高さ1.5mのあおりの上から墜落した。

トラック荷役作業の基本
 1.高所作業をできる限り…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年11月15日第2366号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ