【事故防止 人の問題を考える】第104回 現場の安全作業の基本 その9:交通労働災害・高齢者対策

2021.03.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

急」の付く動作に注意を

◎交通労働災害防止の基本

 死亡災害の約2割を占める交通労働災害は、業種を問わず発生しており、重篤な災害につながるおそれがあります。トラックやバスなどの運転に限らず、営業用自動車やバイクなどを運転する方も十分な注意が必要となります。

 災害防止のポイントには、あわててスピードを出し過ぎないこと、早めの点灯、急ハンドルや急ブレーキへの注意などがあります。特に年末の12月は交通労働災害の発生件数が多く、積雪や路面凍結の情報に注意するなど季節に応じた労働災害防止対策が求められます。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年3月15日第2374号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ