【事故防止 人の問題を考える】第97回 現場の安全作業の基本 その4:フォークリフト・重機・トラック

2020.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

フォークリフトにはさまれて死亡

 現場の安全作業の基本・その4は、フォークリフト、重機・トラック作業です。

 フォークリフト作業による死亡災害には、操作台と棚にはさまれて死亡した災害やフォークリフトの横転によって地面に投げ出されて死亡した事例があります。

 パレットの上に乗らない、フォークの下に立ち入らない、急旋回を行わないといったルールを守り、荷崩れ防止や逸走防止措置、誘導員の配置などの安全措置を講じることが作業の基本になります。参考として、フォークリフトの安全作業のためのチェック項目を紹介します。

フォークリフト作業の基本

1.パレットの上に乗ってはいけない
2.フォークの下に立ち入ってはいけない
3.荷が偏らないよう…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年12月1日第2367号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ