【想いはせれば】第107回 「悪いちょっかい」と「良いちょっかい」

2019.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶猫は、虫や小動物がゆっくり動いているのを見ると、前足の片方でちょっと触ったり、引き寄せたりしています。こうした動作のことを「ちょっかい」といいますが、人間も「ちょっかいを出して」ひどい目に遭うことがあります。

 例えば、大型排風機を修理などで止めた際、完全に止まる直前に、ついVベルトに手をかけて指を切断――。よくある災害事例です。人間も猫と同様にゆっくり動くものにはつい、ちょっかいを出したくなるようです。

▶私が勤めていた工場の粉体製造現場では、階段に沿ってベルトコンベヤーが動いており、その速度は作業者の階段を上る速度と同じでした。大抵の作業者は階段を上るとき、コンベヤーに軍手を着けた手を添えて上っていました。そんな習慣が定着していたある日、…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ