【イラストで学ぶリスクアセスメント】第107回 水槽・タンクにおける酸欠災害

2015.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は、狭いマンホール(点検孔)の水槽内などで、作業員が倒れた場合(体調不良・酸素欠乏症・硫化水素中毒を含む)の救出方法がテーマです。

 事業所には、水槽・タンクなど(屋上・地上の高架水槽、地上・地下の貯水槽・貯湯槽、貯油タンク、薬液タンク、穀物サイロなど)が多数あります。時々、小生が行う安全指導の折、事業所の監督者に「あのタンク内で、作業者が倒れて自力で脱出できなくなり、現場から緊急連絡があったら、どうしますか?」と聞くと、「清掃業者に任せている、または、沈黙して答えない!」が大多数です。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月15日第2242号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ