【産業カウンセリングの現場から】第107回 小規模事業場へ「健康相談窓口」

2015.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

医師会の支援受けスタート

 著者は、民間企業で入社から定年まで異動もなく、37年間にわたり本社部門で安全衛生の職務に専念した。下請けなどの関連企業の相談や指導にも携わり、現役時代から小規模事業場の安全衛生にも興味をもっていた。

 定年後、縁あって小規模事業場の産業保健サービスを担う「横浜北地域産業保健センター」のコーディネーターを引き受けることになった。センターといっても横浜市神奈川区医師会内の一室を借用したものであった。事務所に机と椅子、書棚と古びたワープロが一台あるのみ、電話もファクシミリもなく、当然、パソコンなどはなかった。就任後、…

執筆:横浜北地域産業保健センター コーディネーター 労働衛生コンサルタント 井上 温

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月1日第2245号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ