【想いはせれば】第148回 心配になるマスクの弊害

2021.02.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶私は毎朝、東京の自宅近くを散歩しています。冬の朝の7時前なので、通行人はまばらです。私は散歩の環境は「3密」でもないので、朝の新鮮な空気を吸うためマスクは着用しませんでした。

 そんな状態で歩いていると、向かって歩いてきた人が、私とすれ違うとき、私を大きく避けたり、口元に手を当てたりします。コロナ感染に危険な高齢者が、マスクを着用しないで歩いているので、明らかに警戒しているようです。

 仕方がないので、早朝の散歩でもマスクを着用することにしています。

▶昨年は「コロナマスク」に振り回された1年でした。当初は新型コロナに対するマスクの効用について、専門家やWHO(世界保健機関)などは、通常の布マスクや不織布マスクは、ミクロン単位のコロナウイルスには効果がないとして、積極的な推奨には至っていませんでした。それでも、感染が広がるにしたがって、徐々に着用者が増えていきました。やがて、…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年2月15日第2372号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ