【想いはせれば】第11回 緊急・異常時の処置

2015.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 人は、突然大きな事故や災害に遭遇するとパニックを引き起こして、かえって事態を悪化させたり、当人が被災してしまうことがあります。

 原子力発電所の安全性を予測した米国の研究者の研究によると「発電所で重大な事故が発生すると、運転員はそのストレスのためパニック状態となり、最初の30分間の行動エラーは10分の9、つまりほとんど間違いだらけの行動をとることになる」と報告しています。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年6月1日第2235号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ