【想いはせれば】第55回 緊急時の作業停止

2017.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私が化学工場の現場で働いていたころ、もう半世紀以上前になりますが、3交替勤務の3直(夜10時から翌朝7時)で運転事故が発生すると、その緊急処置が大変でした。

 そして、それが運転中止に及ぶ事故の場合は、関連職場への連絡調整などがあり、職長などの監督者には大変な判断と苦労がのしかかっていました。しかし、当時はまだ反応槽などの設備は個別作業(バッチ作業)が中心であり、運転操作の多くは現物を見ながらの手動操作のため、停止や再開・始動も割合に容易でした。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年4月1日第2279号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ