【事故防止 人の問題を考える】第55回 「現場の安全12カ月」(7~9月)-全国安全週間の季節、夏は熱中症に警戒-

2019.02.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

すべって転倒災害が急増

 2月は、雪や凍結路面ですべって転倒する災害が頻発します。雪国といわれる都道府県でも、普段あまり雪が降らない地域もあります。そのような地域で大雪となった年は、すべって転倒災害が途端に急増します。昨年の冬、会社の駐車場に車を停め、そこから事務所まで歩いて移動中、すべって転倒災害の多発に頭を抱える会社が何社もありました。

 雪がほとんど降らない地域に住む筆者からみると、「雪は身近な存在なのに、なぜ?」と思ってしまいますが、そうではないようです。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 建設安全研究グループ 部長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成31年2月15日第2324号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ