【本当に役立つ!こころの耳】第55回 事例紹介51 職場復帰に試し出勤を実施

2017.07.27 【安全スタッフ】

 事務職として働く48歳既婚男性の事例です。専業主婦である45歳の妻と2人暮らしです。うつ病のため、6カ月間自宅療養していました。その後、主治医から「来月1日以降の職場復帰を可能と判断する。ただし、復帰当初は業務負荷を軽減することが望ましい」という内容の診断書が発行されました。これに基づき、本人、上司、人事担当者で面談を行いました。本人は当初、「フルタイムで職場復帰したい」と希望しましたが、会社側からは、「診断書の内容から、段階的に復職したほうがいいのではないか」という提案もあり、本人も納得し、最終的に人事労務管理上は復職したうえで、試し出勤制度による短時間勤務から始めることにしました。…

筆者:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年8月1日 第2287号

あわせて読みたい

ページトップ