【事故防止 人の問題を考える】第53回 「現場の安全12カ月」(1~3月) -毎月テーマを掲げ、安全活動を活発にする-

2019.01.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

月ごとのテーマで“マンネリ”を解消

 毎日の現場。そこでは、誰も事故が起こるとは思ってもいません。しかし、事故は突然起こります。

 平成30年を振り返ってみても、ほとんどの事故は、「なぜ、これができなかったのか?」と悔やむものばかりです。高所からの墜落であれば、「なぜ、安全帯を使わなかったのか?」。つまずき転倒災害であれば、「なぜ、あわてて小走りするのか」。このような事故ばかりです。

 いくら後悔しても、その事故が起きる前に時間を戻すことはできません。後悔しないためには、事故防止をどのように進めていけばよいのか? 昨年もいろいろな現場にお邪魔しましたが、大勢の方がそのことに頭を悩ませていました。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 建設安全研究グループ 部長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成31年1月15日第2322号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ