【想いはせれば】第128回 顔面ヤケドの真相

2020.04.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶「おれ、明日退職するけど、――さんにはこのケガの本当のことを言っておきたかったので…」。東北地方から高卒で入社し、化成品の職場で4年間勤務していたA君は、あごから口元にかけてヤケドのケロイドがありました。彼の顔の傷痕は約1年前、先輩と2人でパイプラックの上で、パイプにまたがって塩ビ管の修理を行っていたバーナーの火が、4リットル入りの接着剤缶の溶剤の蒸気に燃え移って爆発的に燃え上がり、その炎で彼の顔が下方からあぶられ、ヤケドを負ったものでした。

 被災場所が、足場が悪いパイプラックの上だったため、直ちに火がついた衣服を脱いだり、冷水で火傷部位を冷却するなど救急処置が遅れるなどし、いっそう重症化したようでした。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年4月15日第2352号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ