【想いはせれば】第110回 ハイテクのブラックボックス

2019.07.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶今から25年前の1994年4月26日午後8時16分ころ、台北発の中華航空のエアバス140便が名古屋空港滑走路にILS(計器着陸方式)で進入中、着陸に失敗し、滑走路脇に墜落して飛散炎上。乗員・乗客264人が死亡し、残り7人も重傷を負うという、昭和60年の日航ジャンボ機墜落事故に次ぐ大惨事となりました。

 この航空機は最新鋭の機器を設置したハイテク機で、飛行中はコンピューターによる自動操縦で、着陸の際も技術的には自動着陸が可能となっていました。

 当時、事故機は着陸するために空港に進入していましたが、コースから上にそれたため、修正しようとした操縦室内の操作と、コンピューターの自動制御装置の操作が交錯して混乱し、最終的に機体が失速状態となって墜落したものです。…

執筆:セフテイレビュー代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年7月15日第2334号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ