【一歩進んだ社労士活用 人を大切にする働き方改革へ】第16回 調査からみえた経営課題 従業員の本音引き出す ”人間関係で離職”防げ/大西 健造

2017.10.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

職場の魅力高めて人材を定着させる

 当連合会は、平成26年11月、社労士業務に対する企業のニーズを把握し、施策の立案に活用することなどを目的として、「人事・労務の課題等についてのアンケート調査」を実施した。全国2万5000社の企業に実施し、約7000社から回答を頂いた。回収率は約28%で、この種の調査としては比較的高かったことからも、企業における人事・労務の課題への関心の高さを推し量ることができた。今回は、結果からみえる中小企業の経営課題について、働き方改革と絡めた対応を考えていく。

 人事・労務面で課題となっている事項を尋ねたところ、「求人・採用後の育成」(55.8%)、「雇用の多様化への対応(高齢者・女性・非正規雇用労働者、外国人の活用等)」(55.5%)、…

著者:全国社会保険労務士会連合会 会長 大西 健造

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月30日第3134号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ