【一歩進んだ社労士活用 人を大切にする働き方改革へ】第5回 労働社会保険の加入 心を動かすメッセージ 経営戦略の一環としても/大西 健造

2017.07.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

日頃から給付内容説明し安心与える

 人を大切にする企業をめざし、従業員が安心していきいき働ける職場環境をつくるための取組みとして、前回は分かりやすいルールづくりの重要性を解説した。今回は、従業員に安心してもらうためのもう1つの取組みである労働社会保険への加入について、改めてそのポイントを解説したい。

 わが国の労働社会保険の各種制度は、世界に類をみないきめ細かなセーフティネットの機能を有し、労働者とその家族の生活を守っている。…

著者:全国社会保険労務士会連合会 会長 大西 健造

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月7日第3123号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ