【”過労死ゼロ”を実現するために】最終回 過労死等防止への理解を かけがえのない生命 一人ひとりが取り組む

2016.06.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 これまで22回にわたり過労死等防止対策推進法(以下「法」という)と過労死等の防止のための対策に関する大綱(以下「大綱」という)の概要や取組み状況などについて解説してきた。最終回の今回は、これまで解説してきたことの繰り返しにはなるが、本連載の内容をまとめてみたい。

1 あってはならない過労死

 人の生命はかけがえのないものであり、どのような社会であっても、過労死等は、本来あってはならない。過労死等がなく、仕事と生活を調和させ、健康で充実して働き続けることのできる社会の実現に寄与することを目的として、大綱に基づき、過労死等の防止のための対策を推進するものである。…

筆者:厚生労働省労働基準局

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年6月27日第3070号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ