【変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策】最終回 問われる企業対応力 広い視点で体制構築 日頃の活動が大きく影響/東川 麻子

2021.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

“当たり前”が困難に

 産業医の仕事の1つに健康相談があるが、従来の健康管理事項に加え、最近はコロナワクチンと新型コロナ感染後の対応に関する相談が増えている。そのなかで、ごく当たり前のことであるはずの、感染者に適切な情報や治療が提供される、希望者にワクチン接種の機会が提供される、といったことを、社内のすべての人に行き渡らせることがいかに困難であるかを実感している。

 たとえば、ワクチン接種。地域によってはまだ接種の機会が回ってこないため、ヤキモキしている人も多いだろう。これが外国人労働者になると、さらにハードルが上がる。同僚は会社指定の職域接種会場で接種する機会を得たが、…

筆者:㈱OHコンシェルジュ 代表取締役 産業医 東川 麻子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月27日第3322号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。