【変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策】第2回 ワクチンの副反応 2回目は注意要する 労働者の接種日把握を/東川 麻子

2021.07.01 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

若者の方が発熱多い

 政府から職域や大学における新型コロナウイルスワクチン接種の方針が示された。地域によっては高齢者の接種が進み、対象が一般接種に移行するところも出始め、まだまだ先のことだと思っていた従業員のワクチン接種がより現実的なものになっている。今回は、職域でのワクチン接種の有無にかかわらず、一般接種が始まるに当たって、職場として備えておきたい事項を整理したい。

 ワクチン接種に関連するニュースでは、副反応としてアナフィラキシーが発生したとの報告をよく耳にするが、それ以外にどのような副反応がどのくらい発生するかご存じだろうか。

 医療従事者を対象とした先行接種約2万人分のデータを集計したものをグラフに示す。

 まずは発熱。1回目の接種後は、接種翌日(接種2日目)をピークに…

筆者:㈱OHコンシェルジュ 代表取締役 産業医 東川 麻子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年7月12日第3312号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ