【変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策】第8回 運輸業、運送・配送サービス業 換気・距離が重要に 多人数と接触避けられず/小川 祥子

2021.08.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

利用者の協力不可欠

 職場における感染予防・対策について業種・業態別に6種まとめられた、日本産業衛生学会の「職場における新型コロナウイルス感染予防・対策マニュアル」を、これまで3回にわたって紹介してきた。マニュアルの紹介が最後となる今回は、運輸業(旅客輸送)編と運送・配送サービス業編のポイントを解説したい。運輸業だけでなく、営業車に同乗する場合など、社有車を使用する際にも参考になるはずだ。

 以前ご紹介した接客業務編に掲載の衛生管理マトリックスのうち、運輸業(旅客輸送)と運送・配送サービス業に関係のありそうな部分をに抜粋した。従業員だけでなく、乗客・利用者への対策を行うとともに、換気や対人距離を取ることの重要性が確認してもらえるだろう。…

筆者:㈱OHコンシェルジュ 産業医 小川 祥子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月30日第3318号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ