【変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策】第6回 オフィス業務 マイクロ飛沫に注意 換気十分か今一度確認を/小川 祥子

2021.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

究極は「テレワーク」

 前回紹介した日本産業衛生学会の6つの業種・業態別マニュアルのうち、オフィス業務編は、すべての業種の事務所、コールセンターなどを対象とした内容となっている。

 人との接触機会を著しく低減できる究極の三密回避策は、テレワークである。テレワーク導入率は2019年20.1%から昨年2020年に47.5%まで急上昇した(総務省「通信利用動向調査」)。このように急速にテレワークを導入するに当たっては各担当者の地道な努力があったことであろう。テレワーク勤務や出社率などについて個人や職場ごとに目標を設定する方法や、出勤班とテレワーク班を分ける方法などが日本産業衛生学会のマニュアルに紹介されているので参考にしていただきたい。

 テレワークを行うなかで、人事評価、費用負担などの労務管理や、自宅の作業環境整備、メンタルヘルスにおける課題を感じている人もいるだろう。その場合はまず、…

筆者:㈱OHコンシェルジュ 産業医 小川 祥子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月9日第3316号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ