【トラブル防止の就業規則総点検】第17回 退職金制度 一部減額規定を設ける 返還は”懲戒解雇相当”で/前嶋 義大

2016.05.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

不支給の根拠を定める必要あり

 退職金制度を設けるか否かは使用者の自由であり、制度設計上、退職金の有無や金額とともに、支給条件(不支給事由)を設けることも可能である。これらは、「退職手当の決定及び計算の方法」(労基法89条3号の2)に当たるため、就業規則等に定めておく必要があり、また規定を置いてはじめて労働契約の内容となる(アイ・ケイ・ビー事件=東京地判平6・6・21)。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 前嶋 義大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年5月16日第3064号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ