【トラブル防止の就業規則総点検】第20回 パソコン・携帯電話 緊急連絡の合意を取得 「監視可能」と事前に規定/前嶋 義大

2016.06.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

私的利用を禁止する

 労働者は、会社から貸与されたパソコンを、業務遂行に必要な範囲を超えて私的に利用することは認められない。しかし、現実にはインターネットなどで私的利用されやすいため、念のため、明確に禁止しておく(別掲規定例〈貸与パソコン〉第1項)。

 私的利用を禁止している以上、パソコン内に私的データはないはずである。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 前嶋 義大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年6月6日第3067号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ