【トラブル防止の就業規則総点検】第14回 時間外・休日労働の手続き 事前許可制を採用する 健康問題の防止にも効果/前嶋 義大

2016.04.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

具体的発令要件に従った運用を

 使用者は、労働基準法36条1項に基づく労使協定(36協定)の締結・届出を行うことにより、法定時間外労働・法定休日労働を行わせても労基法違反(第32条、第35条)で処罰されない(免罰的効果)。しかし、労基法上の免罰的効果を得ることと、労働契約上の業務命令として時間外・休日労働を命じ得るか否かは別問題である。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 前嶋 義大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月18日第3061号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ