【トラブル防止の就業規則総点検】第7回 転勤・出向・転籍 不利益への配慮明確に グループ内外で規定分け/前嶋 義大

2016.02.29 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

転勤・職種変更の命令権を確保

 転勤・職種変更については、長期雇用保障の見返りとして広範な裁量が認められているため、勤務地・職種特定の特別合意ないし慣行的事実がなければ、就業規則の規定や特別の合意がなくても、命令権を保有していると解することもできる。もっとも、確実に命令権を取得するために命令権を明記しておく(別掲第●条第1項)。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 前嶋 義大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月29日第3054号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ