【トラブル防止の就業規則総点検】第11回 契約の終了 合意退職と辞職を区別 承諾のプロセス明記して/前嶋 義大

2016.03.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

行方不明者を当然退職とできるように

 行方不明による長期欠勤を当然退職事由とする規定を置くべきである(別掲規定例〈当然退職〉第4号)。行方不明の場合、公示送達(民法第98条)の手続きを採らない限り、解雇の意思表示が労働者に到達せず、解雇の効力が発生しないと考えられるからである(公示送達は、企業名が官報に載るため敬遠される)。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 前嶋 義大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月28日第3058号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ