【トラブル防止の就業規則総点検】第2回 無期契約社員の取扱い 別途定める必要があり 均等待遇の議論に注意/前嶋 義大

2016.01.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

改正労働契約法の無期転換制度

 改正労働契約法第18条において、無期転換制度が定められた(平成24年8月10日公布、25年4月1日施行)。無期転換制度は、同一使用者と労働者との間で有期契約が更新されるなどして通算の契約期間が5年を超える場合に、当該労働者の申出により、期間満了後の新契約を無期契約に転換させるものである。

 重要なのは、無期契約への転換に際して、期間の定め以外の労働条件は、別段の定めがない限り従前の契約と同一とされている点である(労契法第18条1項後段)。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 前嶋 義大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月18日第3049号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ