【登壇労組リーダー】外形標準課税の中小適用は危険/渡辺 理

2016.01.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 昨年10月より、前任に引き継いでUAゼンセン東京都支部長に着任致した。現場の労働運動は岩手県支部以来10年ぶりで、慌ただしさと新鮮さの入り混じった何とも不思議な感覚で年が暮れ、そして新しい「申」の年を迎えたところである。「申」は「伸」の元文字となる縁起の良い年とのこと。見せ掛けだけの景気回復や政治環境に惑わされることなく、今年はあらゆる面で積極的に行動する年にしたいと考えている。

 まずは春の賃上げ交渉である。過年度の物価指数は、上がりも下がりもしない0.3%程度の上昇であり、物価の上昇をテコにした賃上げの範囲では、再度わが国の経済はデフレの悪循環に戻ってしまう。…

筆者:UAゼンセン東京都支部 支部長 渡辺 理

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年1月18日第3049号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ