【データバンク室】「高度外国人材活用のための実践マニュアル」ほか

2014.05.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「高度外国人材活用のための実践マニュアル」(厚生労働省・A4判・45頁)

厚生労働省委託事業として富士通総研がまとめた。採用・配置、人事評価、育成、サポート体制のあり方を提示している。定期的な面談機会を設ける必要があるなどとアドバイス。

「高度外国人材活用のための実践マニュアル」


「日雇派遣の原則禁止の例外要件確認に関する取扱いについて」(厚生労働省・A4判・3頁)

関係業界団体宛ての通達。例外要件について、労働者の一定以上の収入を証明する公的書類を用意できない場合、具体的理由を聴取し合理的と認められるケースに限るとした。

※リンク切れ


「対日直接投資に関する有識者懇談会報告書」(内閣府・A4判・21頁)

政府の有識者懇談会が、外国企業の対日投資促進のための具体策を明らかにした。十分な正当性を欠く解雇に対し、原職復帰に代わる金銭的補償制度を導入するよう訴えた。

※リンク切れ


「平成25年の監督指導結果」(神奈川労働局・A4判・6頁)

平成25年に実施した定期監督等の結果を発表した。総監督件数は5604件(前年比723件減)で、このうち何らかの労基法関係法令違反が認められ、是正指導した事業場は3639件(違反率64.9%)だった。

「平成25年の監督指導結果」

ジャンル:
平成26年5月26日第2970号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ