【データバンク室】「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法案について」ほか

2014.03.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法案について」(厚生労働省・A4判・43頁)

同省は上記法案を今国会に上程した。専門的知識等を有する労働者の能力の維持と活用などを目的に労働契約法の特例を定めるとしている。

「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法案について」


「バス運転者の労働時間管理等の徹底を労働基準局長が日本バス協会に要請」(厚生労働省・A4判・16頁)

今年3月3日に富山県内の北陸自動車道小矢部川サービスエリアで発生した高速乗合バスの事故で、運転者の労働時間管理徹底について要請を行った。

「バス運転者の労働時間管理等の徹底を労働基準局長が日本バス協会に要請」


「中小企業の経営課題に関するアンケート調査結果」(東京商工会議所・A4判・73頁)

今年1月に実施したアンケート調査の結果をまとめた。中小企業・小規模事業者の会員企業937社が回答。若手社員や新入社員を確保したい企業が半数に上った。

「中小企業の経営課題に関するアンケート調査結果」


「公共職業安定所による企業ヒアリング結果(平成26年1月)」(兵庫労働局・A4判・16頁)

今年1月に実施し労働者299人以下の中小企業140社の回答を集計。3カ月前と比較した現在の業況を「良い」「多少良い」とした企業は45%となり前回を17ポイント上回っている。

「公共職業安定所による企業ヒアリング結果(平成26年1月)」

この連載を見る:
平成26年3月24日第2962号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ