【シートで実践 ゼロから取り組む人事考課】第16回 中間面接を有効活用する 把握・見直しの場に 耳傾けて支援的管理へ/金津 健治

2015.05.04 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

単なる放任は部下潰す

(1)誤った解釈が招く失敗からの教訓

 新年度の目標を設定した後、最初に実施される面接が、中間面接である。しかし企業では、目標設定面接、評価面接のトレーニングをすることはあっても、中間面接・評価のトレーニングをするケースは極めてまれだろう。そうなってしまう最大の理由が、目標管理の理念である「自己統制」の誤った解釈にある。

 目標管理は、経営学者ドラッカーが提唱したマネジメントの考え方である。その理念は「目標設定の参画」、「自己統制」であり、後者においては「部下を育てるために、設定後の達成の取組みは部下に任せておく」ことを提唱している。ところが実情は、…

筆者:産業能率大学経営管理研究所マネジメント研究センター 主席研究員 金津 健治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月4日第3015号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ