【うまくいく人事管理 介護施設編】第9回 働く環境を整備へ ケアのあり方に好影響/加藤 一正

2014.09.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ユマニチュードと人事制度の意義

 私は、岐阜県の社会保険労務士の加藤と申します。この機会に「ユマニチュード」と労務管理について、考えてみたいと思います。

 ユマニチュードとは、フランスで生み出された認知症患者に対するケアのことで、最近では、マスコミでも取り上げられることが多くなりました。

 ユマニチュードの基本は、「見つめること」「話しかけること」「触れること」「立つこと」が4つの柱で、人を人としてその尊厳を認めることです。…

筆者:社会保険労務士加藤一正事務所 加藤 一正

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月15日第2985号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ