【うまくいく人事管理 介護施設編】第1回 知恵袋的な存在に 社労士の事業拡大支援/原田 匡

2014.01.20 【労働新聞】

 私は現在、東京で自らデイサービスを経営する傍ら、”CB―TAGパートナーネットワーク”という名のもと、全国の社会保険労務士の皆様とパートナーシップを結び、北海道から沖縄までの介護事業者へ向けた情報発信・コンサルティングサービスを提供している。社労士の先生方が我われと手を組むメリットは、ずばり、”これから介護業界の顧問先を拡大したい”でも、介護業界のことがよく分からないという悩みに対し、我われから様ざまな情報やコンテンツ、スキルやノウハウを享受できること。即ち、弊社が”知恵袋”的存在として皆様の後方支援を行うことで、先生方に事業拡大を実現していただこう、という活動だ。

 そんななか、…

筆者:㈱タッグ 代表取締役(CB-TAG代表) 原田 匡

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年1月20日第2953号5面

あわせて読みたい

ページトップ