【うまくいく人事管理 介護施設編】第8回 社労士で支援の輪を トラブルは早期に対処/太田 法行

2014.08.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私は、静岡県湖西市で社会保険労務士として開業し、介護事業所を経営する社会福祉法人や民間企業を労務管理面からご支援させて頂いている。また、顧問先以外にも社会福祉協議会の専門アドバイザーとして介護事業者や介護職員に対する労働相談も行っている。

 介護業界の人事労務管理面での最大の課題は、良質な人材の確保だ。介護業界の人材不足は指摘されるところだが、その傾向はさらに強まっている。厚生労働省が6月27日に発表した5月の有効求人倍率は1.09倍と18カ月連続で上昇し、約22年ぶりの高水準を記録しており、今後も介護業界では売手市場が続くことは想像に難くない。…

筆者:太田労務管理事務所 社会保険労務士 太田 法行

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年8月18日第2981号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ