【うまくいく人事管理 介護施設編】第4回 「自己決定感」与える リーダーの役割が重要/後藤 功太

2014.04.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 私は、静岡県浜松市にて介護・医療に特化した社会保険労務士として活動をしている。介護医療の現場を内部(人)と外部(組織)の両方を変えることで、「利用者にもスタッフにも地域にも愛される施設づくり」のお手伝いをさせていただいている。そんな私自身も、今の仕事をする前は介護業界に勤めていた。特に特別養護老人ホームでの生活相談員兼介護職員としてのキャリアが一番長い。

 今回は、その中で「リーダーが学ぶべきこと」について書いていく。この業界の特徴の一つは、若くしてリーダーになるケースが多いということだ。…

筆者:宮城社会保険労務士事務所 後藤 功太

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月21日第2965号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ