【うまくいく人事管理 介護施設編】第10回 職員に幅広い研修を 経営や労務知識が有効/関口 英和

2014.10.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 私は現在、兵庫県姫路市の社会保険労務士事務所に勤務し、特に労務管理、給与計算、規則・規定の作成、職員研修を中心に活動している。

 さて、介護業界では今後、少子高齢化により、介護報酬が相対的に下がる可能性が高い。また、被保険者の自己負担も増えていくであろう。つまり、介護事業所は現在よりも経営が難しくなるということである。その中で、優秀な人財を確保し、利用者に満足していただくサービスを提供し、利益を出さないといけない。重要なことは、優秀な人財が長く働くことのできる職場環境づくりであると考える。…

筆者:藤定労務管理事務所 関口 英和

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月20日第2989号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ