【うまくいく人事管理 介護施設編】第7回 感動あふれる職場に モラルとルール両輪で/相河 健志

2014.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回のコラムには、格調高い労働新聞様の紙面にはそぐわないワードがあることをご承知おきいただきたい。私どもでは、利用者様やご家族、仲間たちに”感動”していただけるような「モデル行動」策定のお手伝いをしている。参加者が、こんな行動を「モデル行動」のひとつの例として挙げてくれた。

 「利用者様が、失便したりとかで、トイレ以外でウ○チしちゃうことって、あるじゃない?そんな時、『大丈夫だよ。キレイにしとくから、気にしないで!』って、私は声かけてたの。でもね、Aさん(同僚)は、『△△さん(利用者)、いつも「ウ○チが出ない、出ない」って言ってたのに、今日は、こんなにいっぱい出たね!良かったね!』って、声かけてるの!これって、スゴいと思わない!?」。…

筆者:京都フォレスト社会保険労務士法人 相河 健志

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月21日第2977号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ