【うまくいく人事管理 介護施設編】第6回 選ばれる事業所に 人材育成は王道を歩め/三輪 康信

2014.06.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昨今の求人倍率上昇局面を迎えて、ますます介護業界の人手不足が問題だと感じている事業者が多いのではないだろうか。私は介護特化社労士として多くの介護事業者とかかわらせていただいているが、事業者の意識の差の中に今後の行く末を案じるときがある。

 約100万人の増員が必要に

 2025年問題は確実にやってくる未来である。介護職員は人手不足といわれる今と比較して約100万人増やす必要があるといわれている。今後の介護事業所の経営を考える上で、経営課題の中で人材確保が占める割合は高まっていくのは間違いないだろう。…

筆者:三輪社会保険労務士事務所 三輪 康信

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月16日第2973号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ