【人事の小窓 ちょっと道草】コンビニ業界と非正規雇用/増田 敏郎

2014.10.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 小売業の中でも、とりわけコンビニ業界の好決算はよく知られているところですが、雇用の側面から考えてみましょう。

 コンビニ大手4社だけでも全国に約5万店、1店に15人のパート・アルバイトがいるとして、店長やオーナー夫婦を含め約80万人の従事者が存在することになります。在学期間だけのアルバイト学生、年収103万円以下を希望する主婦パートさんは別にしても、月に144時間(社会保険庁の正規雇用者の要件)以上勤務しているいわゆるフリーターは、少なく見積もっても10万人以上存在すると考えられます。

 しかし、その多くが「非正規雇用」と思われます。何故なら、フランチャイズ契約の下においては「店舗での雇用」は加盟店の責任とされているからです。…

筆者:セブン‐イレブン八王子南口店 オーナー 増田 敏郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月13日第2988号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ