【人事学望見】第921回 会社貸与品返却は厳重に 退職社員が詐欺まがいの振舞い

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

客の通報で明らかに

 「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する」(民法第627条)。この法理が適用されるのは、労働者だけである。

得意先訪問し商談持込む

 民法の特別法である労働基準法第20条では、使用者が労働者との労働契約を解約(解雇)しようとするときは、30日前に予告するか、30日分の平均賃金を支払わなくてはならない、としている。

 しかも、これはあくまで労基法上の手続きであって、労働契約法第16条は「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」と規定されている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年8月5日第2931号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ