【人事学望見】第989回 インフルエンザ流行これから 欠勤強制すると休業手当が必要

2015.01.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

発熱症状あっても休業ムリ!?

 厚生労働省では、インフルエンザの流行のピークは1月下旬から2月ごろとみている。全国の保育所、幼稚園、小中学校の休校や学級閉鎖は昨年11月30日までの1週間で305施設に上っており、職場でも流行に備えて早急に対策を採りたいところだ。

保健所等の指示に従って

 同期間中に医療機関で把握した患者数は、1施設当たり1.90人となり、流行開始の目安となる1.00人を超えた。厚労省は、流行の時期は例年より早く、平年並みだった昨シーズンより3週間も早いと警告している。直近の5週間に検出されたウイルスはA香港型が最も多く、09年に新型として流行したA型が続いている。

 「インフルエンザの予防注射未接種者には、早く打つように尻を叩かないといけないな。09年の二の舞にならないよう対策を急ごう」…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月12日第3000号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ