【人事学望見】第919回 賃金端数処理は厳正に行って 減給の制裁に抵触するのが多い

2013.07.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

ちょっとー、カットし過ぎだよ!

 労使交渉というか春の賃上げ交渉では100円玉が主役になる時代も、わずかではあったが続いた。ベースアップ要求がヤマ場を迎えたとき、100円玉1個がテーブルに乗っかったのだが、近年ではベアゼロ、賃金カーブ維持のための定期昇給にスタイルが変わってしまった。

面倒だから30分基準ダメ

 労働者も使用者も、お金の価値については極めて鈍感といっていい。銀行に振り込まれた給与と賃金明細書に100円単位の違い(この場合、振込額が低い)があっても、人事課や経理課に文句をいいに来るような従業員はいない。

 「当社の就業規則によると、遅刻や早退について30分単位で賃金控除する、と書かれていますが、最近参加したセミナーでは、これは減給制裁に当たると説明されました。鈴木課長は、この点どうお考えでしょうか」…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年7月15日第2929号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ