【人事の小窓 ちょっと道草】積極的な育児参加を社風に/庭田 平

2014.03.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「ひとつきいっしょ」、「こころでいっしょ」――これらはピジョンの育児制度の制度名です。

 ピジョンでは、社員が「育児を語れる社員」となって仕事と子育てを両立し、子育てしやすい環境の中で、社会的責任として、また育児のプロとして、子育てをする全ての方々に育児のすばらしさを伝えられるようになりたいと考えています。

 「ひとつきいっしょ」は、…

筆者:ピジョン㈱ 人事総務部 人事グループマネージャー 庭田 平

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月3日第2959号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ