【韓国の経験に学ぶ人手不足対策 「外国人雇用許可制度」とは】第23回 シンガポールにおける外国人労働者受入れ政策の転換/佐野 孝治

2014.12.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

”成長戦略”に舵切る 外国人雇用規制を強化

(1)独立当初から労働力不足

 これまで取り上げてきた韓国と台湾は両国とも、少子高齢化の中で単純外国人労働者を受け入れてきているが、労働力人口に占める割合は数%と日本とそれほど大差はない。これに対し、シンガポールは小国でもあり外国人労働者が3分の1以上を占め、受入れ先進国である。ところが近年、受入れを制限する政策に転換している。今回は、それについて説明する。…

著者:福島大学 経済経営学類 教授 佐野 孝治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月15日第2997号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ