【韓国の経験に学ぶ人手不足対策 「外国人雇用許可制度」とは】第1回 なぜ韓国の「雇用許可制」を取り上げるのか/佐野 孝治

2014.07.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「日本モデル」を脱却 施行10年で課題明確に

(1)日本における外国人労働者”受入れ拡大”議論の活発化

 日本において、最近、外国人労働者の受入れ拡大に向けた議論が盛んになってきている。

 過去にも、労働力人口の減少を外国人で補うべく、08年6月に自民党の外国人材交流推進議員連盟が、「1000万人移民受入れ構想」をまとめているが、安倍政権において、大胆な外国人労働者受入れ拡大の議論が加速化している。…

著者:福島大学 経済経営学類 教授 佐野 孝治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月7日第2975号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ